2019年7月  №144号 通巻829号
 

「キリスト教百話」

問22 「救い」ということが「罪と死からの解放」を意味するものであることは分かりましたが死からの解放としての「復活」については、どうもよく理解できません。

答・・13・・

 この文章は、テサロニケ教会の中に、復活を信じないという人がいたことと、「主は近い」と言ってキリストが再び来られる(再臨)日が間近に迫っていいるというのが、その時生き残っているわれわれはどうするのか、という質問に対して答えたものと言うことができます。しかし、この文章表現は、まだ起こっていないことをあたかも既に見たように書いているわけですから、詳細に語れば語るほど、逆に「本当かな」という疑問が出てくるのを禁じ得ません。

 この手紙を読んだ人たちは、これをパウロがこう言ったから「はい、そうですか」と素直に信じたとすれば、パウロに対する信頼度が深かったせいかと思いますが、わたくしにはどうしてこういうことが言えるのか、単なる幻想か主観に過ぎないのではないかと思えてなりません。

ただし「読む者は悟れ」ということであるなら、納得出来ます。それは、復活ということは、どういう説明をするにしても、一つの説明でもって集約されることではなく、どんな風にも説明できることであって、パウロもパウロなりの苦労をしながら、彼の表現の仕方で説明したのだと受け止めればよい、ということです。

 ですから、復活ということを、このパウロの説明だけに限ると言ってこれに固執するなら、その一方的な偏りには同意し得ませんが、復活という言語表現では言い尽くすことができないことを言語で言い表そうとしている努力の一つであるなら、これはこれとして受け止めて良いと思います。むしろ、様々な仕方での説明がなされることの方が、復活信仰に生きる命の多様性を示すこととして受け止めて良いのでないかと思います。

 以上の考えに基づいて讃美歌の歌詞を読むと、復活信仰の表明が実に多彩であることを改めて思わされます。その幾つかを揚げてみます。

489番1 清き岸辺にやがて着きて、天つみ国に遂に昇らん。

      その日数えて玉のみ門(かど)に、友もうからも、われを待つらん。

      やがて会いなん、愛でにし者とやがて会いなん。

    3 親は我が子に、友は友に、妹背相会う父のみもと。

      雲はあとなく霧は消え果て、同じ姿共に写さん。

      やがて会いなん、愛でにし者とやがて会いなん。

 よく「天国でまた会いましょう」か「向こうで待っててね」など言うことがあります。向こうにいる人は何億と数知れないのですから、どうしてそんなに会えると言えるのか、「あの人とは同じ墓に入りたくありません」という人に 

とっては、向こう岸も別々が良いことになります。地上の彼方に「清き岸辺」があることや、彼方も地上も同じではないかと思うことも、どうしてそういう風に言えるのか、その確証があるか、と問われたら、返答に困るのではないでしょうか。

Ⅱ136番1 われ聞けり「かなたには麗しき都あり」

       輝けるかの岸に、われは間もなく着かん。

       「ハレルヤ」と歌いつつ、歌いつつ進み行かん。

       わが足は弱けれど、導き給え、主よ。

     3 われ聞けり「み冠と真白き衣を着け主を褒むる民あり」と、

       われも共に歌わん。

       「ハレルヤ」と叫びつつみ声聞きて喜びみ国へと昇り行かん。

       わが旅路終わらば。

 仏教では「極楽浄土」という世界があることを言いますが、この讃美歌に即して言えば、キリスト教では「麗しい都で、冠をかぶり真っ白な衣装をまとって神様をほめたたえている人々がいる輝かしい、かの岸」があることを歌うのですが、そういう世界や彼岸があるということの確証があるかというと、誰にも納得できるような説明は出来ません。妄想であり幻想に過ぎないと言われたら、それを跳ね返すだけの論理は残念ながら持っていません。

 しかし、信仰というものは、そういう人間の側での確証によっているのではなく、人知を越えたところによっているものでありますから、各自各様自由にその表明が出来ますし、してよろしいわけです。復活についての証言も、その意味において、自由な多様なものであるのが当然であると理解してよいのではないかと思います。

  篠田 潔

(日本基督教団隠退教師・元「キリストへの時間」協力委員・ラジオ説教者)

 

<2018年10月のラジオ放送予定>  

10月 7日 木下喜也  (日本基督教団金城教会牧師)

     14日 木下喜也  (日本基督教団金城教会牧師)

21日 横山良樹  (日本基督教団半田教会牧師) 

28日 横山良樹  (日本基督教団半田教会牧師) 

     (放送開始1952年10月)

CBCラジオ「キリストへの時間」(1053KHZ

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カウンター
★ごあんない★
毎月第一日更新
お便り・ご感想はこちらへ
お便り・ご感想くださる方は下記のメールフォームか住所へお願いいたします。お便りは「つのぶえジャーナル」の管理人のみ閲覧になっています。*印は必須です。入力ください。
〒465-0065 名古屋市名東区梅森坂4-101-22-207
緑を大切に!
お気持ち一つで!
守ろう自然、育てよう支援の輪を!
書籍紹介
    8858e3b6.jpg
エネルギー技術の
 社会意思決定

日本評論社
ISBN978-4-535-55538-9
 定価(本体5200+税)
=推薦の言葉=
森田 朗
東京大学公共政策大学院長、法学政治学研究科・法学部教授

本書は、科学技術と公共政策という新しい研究分野を目指す人たちにまずお薦めしたい。豊富な事例研究は大変読み応えがあり、またそれぞれの事例が個性豊かに分析されている点も興味深い。一方で、学術的な分析枠組みもしっかりしており、著者たちの熱意がよみとれる。エネルギー技術という公共性の高い技術をめぐる社会意思決定は、本書の言うように、公共政策にとっても大きなチャレンジである。現実に、公共政策の意思決定に携わる政府や地方自治体のかたがたにも是非一読をお薦めしたい。」
 共著者・編者
鈴木達治郎
電力中央研究所社会経済研究所研究参事。東京大学公共政策大学院客員教授
城山英明
東京大学大学院法学政治学研究科教授
松本三和夫
東京大学大学院人文社会系研究科教授
青木一益
富山大学経済学部経営法学科准教授
上野貴弘
電力中央研究所社会経済研究所研究員
木村 宰
電力中央研究所社会経済研究所主任研究員
寿楽浩太
東京大学大学院学際情報学府博士課程
白取耕一郎
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程
西出拓生
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
馬場健司
電力中央研究所社会経済研究所主任研究員
本藤祐樹
横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授
おすすめ本

      d6b7b262.jpg
教会における女性のリーダーシップ
スーザン・ハント
ペギー・ハチソン 共著
発行所 つのぶえ社
発 売 つのぶえ社
いのちのことば社
SBN4-264-01910-9 COO16
定価(本体1300円+税)
本書は、クリスチャンの女性が、教会において担うべき任務のために、自分たちの能力をどう自己理解し、焦点を合わせるべきかということについて記したものです。また、本書は、男性の指導的地位を正当化することや教会内の権威に関係する職務に女性を任職する問題について述べたものではありません。むしろわたしたちは、男性の指導的地位が受け入れられている教会のなかで、女性はどのような機能を果たすかという問題を創造的に検討したいと願っています。また、リーダーは後継者―つまりグループのゴールを分かち合える人々―を生み出すことが出来るかどうかによって、その成否が決まります。そういう意味で、リーダーとは助け手です。
スーザン・ハント 
おすすめ本
「つのぶえ社出版の本の紹介」
217ff6fb.jpg 








「緑のまきば」
吉岡 繁著
(元神戸改革派神学校校長)
「あとがき」より
…。学徒出陣、友人の死、…。それが私のその後の人生の出発点であり、常に立ち帰るべき原点ということでしょう。…。生涯求道者と自称しています。ここで取り上げた問題の多くは、家での対話から生まれたものです。家では勿論日常茶飯事からいろいろのレベルの会話がありますが夫婦が最も熱くなって論じ合う会話の一端がここに反映されています。
定価 2000円 

b997b4d0.jpg
 









「聖霊とその働き」
エドウイン・H・パーマー著
鈴木英昭訳
「著者のことば」より
…。近年になって、御霊の働きについて短時間で学ぶ傾向が一層強まっている。しかしその学びもおもに、クリスチャン生活における御霊の働きを分析するということに向けられている。つまり、再生と聖化に向けられていて、他の面における御霊の広範囲な働きが無視されている。本書はクリスチャン生活以外の面の聖霊について新しい聖書研究が必要なこと、こうした理由から書かれている。
定価 1500円
 a0528a6b.jpg









「十戒と主の祈り」
鈴木英昭著
 「著者のことば」
…。神の言葉としての聖書の真理は、永遠に変わりませんが、変わり続ける複雑な時代の問題に対して聖書を適用するためには、聖書そのものの理解とともに、生活にかかわる問題として捉えてはじめて、それが可能になります。それを一冊にまとめてみました。
定価 1800円
おすすめ本
4008bd9e.jpg
われらの教会と伝道
C.ジョン・ミラー著
鈴木英昭訳
キリスト者なら、誰もが伝道の大切さを知っている。しかし、実際は、その困難さに打ち負かされてしまっている。著者は改めて伝道の喜びを取り戻すために、私たちの内的欠陥を取り除き、具体的な対応策を信仰の成長と共に考えさせてくれます。個人で、グループのテキストにしてみませんか。
定価 1000円
おすすめ本

0eb70a0b.jpg








さんびか物語
ポーリン・マカルピン著
著者の言葉
讃美歌はクリスチャンにとって、1つの大きな宝物といえます。教会で神様を礼拝する時にも、家庭礼拝の時にも、友との親しい交わりの時にも、そして、悲しい時、うれしい時などに讃美歌が歌える特権は、本当に素晴しいことでございます。しかし、讃美歌の本当のメッセージを知るためには、主イエス・キリストと父なる神様への信仰、み霊なる神様への信頼が必要であります。また、作曲者の願い、讃美歌の歌詞の背景にあるもの、その土台である神様のみ言葉の聖書に触れ、教えられることも大切であります。ここには皆様が広く愛唱されている50曲を選びました。
定価 3000円

Copyright © [   つのぶえジャーナル ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks :
Commercial message :