2018年7 月 月号 №130 通巻817号 号
 

さんびか物語  ・・・51・・・

      (広く愛唱されている50曲)・・・最終回・・・

           ポーリン・マカルピン著

          (米国南長老教会婦人宣教師) 

 

讃美530番

 うき世のなげきも

<神様のみ言葉>

「私はいつもあなたを賛美しています。わが神よ。あなたのまことを。イスラエルの聖なる方よ。私は、立琴をもって、あなたにほめ歌を歌います」。

~詩篇716節、22節~

 

この讃美歌は、525番“めぐみふかき、主のほか”と535番の“今日をも送りぬ”と同様に信仰の喜びを歌っている讃美歌であります。

この3つの讃美歌はともに、米国人であるロバート・ローリによって作曲されたものであります。

福音的讃美歌の創作の名人であったロバート・ローリは1826312日、アメリカのフィラデルフィアに生まれ、ルイズバーグ大学を卒業後、バプテスト派の伝道者となりました。その後、1876年(彼50歳)には、6年間、バークネル大学の修辞学の教授となり、その後、再び牧師に返り咲き、プレィンフィルド(ニュージアジー州)のバプテスト教会を彼が亡くなる1899年まで、熱心に牧会を続けました。その間に、彼は多くの讃美歌と日曜学校用の聖歌を作詞作曲し、その編集にも大きな功績を残しています。

ローリは40歳までは聖歌を一つも作っていなかったそうですが、それ以後は多くの讃美歌を作詞作曲しています。その作品は、8冊ほどの讃美歌集に収められて発表されています。

Bright Jewelsによって、世に広められました。この讃美歌の曲の方は、原作者不明と言われていますが、多分、ローリ自身の手になると多くの人々が認めています。

またPure Goldという聖歌集は、1871年に発表されていますが、これも非常にポピュラーで100万冊ほど売れたそうです。

このように、ローリの福音的聖歌は一時アメリカでさかんに歌われましたが、残念なことに、現在ではあまり知られていません。日本では、明治時代から今日まで愛唱されています。アメリカでも、再び多くの人々がこの讃美歌を、心から歌うことを希望してやみません。

 

 

<530>

 1 うき世の嘆きを  心にとめじ、

   常世のたのしみ  身にこそ満つれ。

   み空にきこゆる  たえなる歌に、

   あわせて我らも  いざほめ歌わん。 

 

1節では“うき世の嘆き”と“常世のたのしみ”とを対照にして歌い上げています。

旧約聖書の詩篇71編20節には「あなた(まことの神)は私を多くの苦しみと悩みとに、会わせなさいましたが、私を再び生き返らせ地の深みから、再び私を引き上げてくださいます」と歌っています。

この、うき世には、多くの苦しみ、悲しみ、嘆きがあります。人々は、その暗い嘆きに打ちひしがれて、ただ暗い心に沈んでいるのですが、作者は、この世の荒波にとどまっているのではなく、詩人が歌っていますように唯一の望みである神様に尋ね求めること勧めています。

神様は、私たち一人一人の信頼の源であられます。

神様は、私たちを、悩みと苦しみから救い出してくださいます。

神様は、私たちの岩であり、堅い砦であり、巌となってくださいます。

私たちにとりまして、まことの救い、望みは、ただ、父なる神様にのみあるのであります。この神様の力と救いを、あなたのものとするためには、“あなたの神”として信じることであります。

唯一の神様に信頼してこの世を歩むとき、あなたの前に立ちはだかる障害も、心の嘆きも、苦しみも、決してあなたを一人にはいたしません。むしろ、打ち勝つことが出来るのであります。

作者が歌っていますように、神様のみ国での楽しみが、あなたの心に満ち満ちてくると言っています。私たちが、心から信じなければならないことは、全てに打ち勝つ神様を認めることであります。

私たちは、“すぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれて”いなければなりません。神様は、私たちひとりひとり に、永遠の都を用意しておられるからであります(へブル11:16)。

この都に心を向ける時、“み空にきこゆるたえなる歌に、あわせて我らも  いざほめ歌わん”という喜びが湧いてきます。

 2 うき世の栄えは  消えなばきえね、

  まことの栄えは、 主にこそあれや。

   闇夜にあうとも  主ともにまして、

   み歌をたまえば  いざほめ歌わん。

 

2節では“うき世の栄えは”と“まことの栄え”とを対照にして歌っています。この世の栄えのむなしさ、はかなさを、預言者イザヤは、神様のみ言葉として当時のイスラエルの人々に語っています。

「すべての人は草、その栄光は、みな野の花のようだ。主のいぶきがその上に吹くと、草は枯れ、花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ」(イザヤ40:6~7)。

私たちの人生の旅路は限られたものです。「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとするところは苦労とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。それゆえ、私たちに知恵の心を得させてください」。(詩篇90:10~12)と神の人モーセが祈ったように、私たちも、祈るべきであります。

作者が歌っていますように、私たちは、この暗い人生に、主イエスが共にいたもうことを願い求め、「主ともにいます」ことを喜びをもって歌い上げたものであります。神様の恵みを心に受けている人は、この恵みのゆえに、声高らかに歌わずにおれないことでしょう。

それは、詩人が「昼には、主が恵みを施し夜にはその歌が私とともにあります。私のいのち、神への祈りが」(詩篇42:8)と歌っていますように、神様を、ほめたたえる者になりたいものであります。

 3 み空をあおげば  うき世の雲は、

   日に日に消えゆき 霧はた晴れぬ。

   行く手にかがやく とこ世のひかり、

   みとめし我らは  いざほめ歌わん。

 

3節では“うき世の雲と霧”と“とこ世の光り”とを対照にして歌っています。私たちは、心に雲が覆いかぶさり、霧に包まれますと、弱々しく頭を下げてしまいます。神様の救いを得ていない人は、たとえば健康であっても、頭を上に上げて歩いているように見えましても、その本当の姿は、うれいに満ちた心と魂なのであります。

神様に対する信仰をもっていない人々は、下を向きますが、神様を信じる人々は輝くみ空をあおぎ見つつ、人生を歩み続けることができるのです。

あなたも、“まことの光り”を求めてください。主イエス・キリストは、当時の人々ばかりでなく、今も、あなたに語りかけています。「私は世の光です」と言うことを。このキリストのみ言葉を信じて、受け入れる人は、決して闇の中を歩みことはありません。

「わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことなく、いのちの光を持っているのです」と、ヨハネの福音書8章12節に記されているとおりであります。

今の罪の世には、“まことの光”などありません。あるのは罪によって汚れた闇の世だけであります。このような世界に私たちは生きているのであります。

この世になくてならない大切な光を、私たちは求めなければなりません。主イエス・キリストをあなたも、まことの光として、求めてください。この光に満たされて、神様を讃美し、永遠のみ国への旅路を力強く歩み続けてください。

()

この「さんびか物語」は「つのぶえ社」で販売しております。13000円です。お求めください。 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カウンター
★ごあんない★
毎月第一日更新
お便り・ご感想はこちらへ
お便り・ご感想くださる方は下記のメールフォームか住所へお願いいたします。お便りは「つのぶえジャーナル」の管理人のみ閲覧になっています。*印は必須です。入力ください。
〒465-0065 名古屋市名東区梅森坂4-101-22-207
緑を大切に!
お気持ち一つで!
守ろう自然、育てよう支援の輪を!
書籍紹介
    8858e3b6.jpg
エネルギー技術の
 社会意思決定

日本評論社
ISBN978-4-535-55538-9
 定価(本体5200+税)
=推薦の言葉=
森田 朗
東京大学公共政策大学院長、法学政治学研究科・法学部教授

本書は、科学技術と公共政策という新しい研究分野を目指す人たちにまずお薦めしたい。豊富な事例研究は大変読み応えがあり、またそれぞれの事例が個性豊かに分析されている点も興味深い。一方で、学術的な分析枠組みもしっかりしており、著者たちの熱意がよみとれる。エネルギー技術という公共性の高い技術をめぐる社会意思決定は、本書の言うように、公共政策にとっても大きなチャレンジである。現実に、公共政策の意思決定に携わる政府や地方自治体のかたがたにも是非一読をお薦めしたい。」
 共著者・編者
鈴木達治郎
電力中央研究所社会経済研究所研究参事。東京大学公共政策大学院客員教授
城山英明
東京大学大学院法学政治学研究科教授
松本三和夫
東京大学大学院人文社会系研究科教授
青木一益
富山大学経済学部経営法学科准教授
上野貴弘
電力中央研究所社会経済研究所研究員
木村 宰
電力中央研究所社会経済研究所主任研究員
寿楽浩太
東京大学大学院学際情報学府博士課程
白取耕一郎
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程
西出拓生
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
馬場健司
電力中央研究所社会経済研究所主任研究員
本藤祐樹
横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授
おすすめ本

      d6b7b262.jpg
教会における女性のリーダーシップ
スーザン・ハント
ペギー・ハチソン 共著
発行所 つのぶえ社
発 売 つのぶえ社
いのちのことば社
SBN4-264-01910-9 COO16
定価(本体1300円+税)
本書は、クリスチャンの女性が、教会において担うべき任務のために、自分たちの能力をどう自己理解し、焦点を合わせるべきかということについて記したものです。また、本書は、男性の指導的地位を正当化することや教会内の権威に関係する職務に女性を任職する問題について述べたものではありません。むしろわたしたちは、男性の指導的地位が受け入れられている教会のなかで、女性はどのような機能を果たすかという問題を創造的に検討したいと願っています。また、リーダーは後継者―つまりグループのゴールを分かち合える人々―を生み出すことが出来るかどうかによって、その成否が決まります。そういう意味で、リーダーとは助け手です。
スーザン・ハント 
おすすめ本
「つのぶえ社出版の本の紹介」
217ff6fb.jpg 








「緑のまきば」
吉岡 繁著
(元神戸改革派神学校校長)
「あとがき」より
…。学徒出陣、友人の死、…。それが私のその後の人生の出発点であり、常に立ち帰るべき原点ということでしょう。…。生涯求道者と自称しています。ここで取り上げた問題の多くは、家での対話から生まれたものです。家では勿論日常茶飯事からいろいろのレベルの会話がありますが夫婦が最も熱くなって論じ合う会話の一端がここに反映されています。
定価 2000円 

b997b4d0.jpg
 









「聖霊とその働き」
エドウイン・H・パーマー著
鈴木英昭訳
「著者のことば」より
…。近年になって、御霊の働きについて短時間で学ぶ傾向が一層強まっている。しかしその学びもおもに、クリスチャン生活における御霊の働きを分析するということに向けられている。つまり、再生と聖化に向けられていて、他の面における御霊の広範囲な働きが無視されている。本書はクリスチャン生活以外の面の聖霊について新しい聖書研究が必要なこと、こうした理由から書かれている。
定価 1500円
 a0528a6b.jpg









「十戒と主の祈り」
鈴木英昭著
 「著者のことば」
…。神の言葉としての聖書の真理は、永遠に変わりませんが、変わり続ける複雑な時代の問題に対して聖書を適用するためには、聖書そのものの理解とともに、生活にかかわる問題として捉えてはじめて、それが可能になります。それを一冊にまとめてみました。
定価 1800円
おすすめ本
4008bd9e.jpg
われらの教会と伝道
C.ジョン・ミラー著
鈴木英昭訳
キリスト者なら、誰もが伝道の大切さを知っている。しかし、実際は、その困難さに打ち負かされてしまっている。著者は改めて伝道の喜びを取り戻すために、私たちの内的欠陥を取り除き、具体的な対応策を信仰の成長と共に考えさせてくれます。個人で、グループのテキストにしてみませんか。
定価 1000円
おすすめ本

0eb70a0b.jpg








さんびか物語
ポーリン・マカルピン著
著者の言葉
讃美歌はクリスチャンにとって、1つの大きな宝物といえます。教会で神様を礼拝する時にも、家庭礼拝の時にも、友との親しい交わりの時にも、そして、悲しい時、うれしい時などに讃美歌が歌える特権は、本当に素晴しいことでございます。しかし、讃美歌の本当のメッセージを知るためには、主イエス・キリストと父なる神様への信仰、み霊なる神様への信頼が必要であります。また、作曲者の願い、讃美歌の歌詞の背景にあるもの、その土台である神様のみ言葉の聖書に触れ、教えられることも大切であります。ここには皆様が広く愛唱されている50曲を選びました。
定価 3000円

Copyright © [   つのぶえジャーナル ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks :
Commercial message :